中性脂肪 サプリ

中性脂肪値を下げるならDHA・EPAサプリメント

中性脂肪(トリグリセライド)の値が150mg/dl以上になると脂質異常症と診断されます。
脂質異常症の治療は、まず食事療法、禁煙、運動療法といった生活習慣の改善が必要となります。
中でも食事内容はすぐにでも改善するべきで、脂肪の摂りすぎに注意しなければなりません。

 

さらに、血液をサラサラにする効果があるDHAEPAを摂取するために、
イワシやマグロなどの魚を積極的に食べる必要があります。
ただ厚生労働省が1日に必要と推奨しているDHA・EPAの量が1日1000mgとなっており、マグロの刺身1皿に約200mgのDHA・EPAしか入っていないため、1日5人前の量を食べなければなりません。

 

これだけの量を毎日食べるのは困難です

 

また、EPA・DHA1000mgは焼きサンマ1尾に相当します。

 

焼きサンマ1尾なら、毎日食べられる気がしますね。

しかし!

焼いてしまうことでEPA・DHAが酸化してしまい摂取量が少なくなってしまう

ため、新鮮な状態で食べる必要があるのです。

 

そこでEPA・DHAサプリメントを摂取すれば効率よく1日の目標値を摂取する事ができます。

魚の臭いが全くしない飲みやすいサプリメント「きなり」

 


魚臭がゼロなので魚が苦手な人でも飲めるサプリです
1日4粒で500mgのDHA/EPAを摂取できます

 

「やっぱり飲めない」となっても返金保証があるので大丈夫!
錠剤が苦手な人でものみやすい小粒タイプ
 
1袋(120粒入り)=最安1,980円〜

 

 

 

魚臭が苦手で飲めるか心配な方にもおすすめの「きなり」の詳細はこちら

 

 

高濃度DHA/EPA配合トクホで安心「イマークS」



中性脂肪値を短期間で下げたい人におすすめです
特定保健用食品(トクホ)という信頼のある商品です
 
1本でDHA260mg/EPA600mgが摂取できるドリンクタイプです。
少し高めの商品ですが人を対象にした試験で中性脂肪が20%低下しました。

 

お試し10本(100ml×10本)=1,000円

 

短期間で中性脂肪を下げたい方に「イマークS」の詳細はこちら

 

 

継続しやすい価格の「みやびの鮫肝」

 

継続しやすい価格でDHA/EPAが1日あたり660mg摂取できます
魚臭がきつくて飲めない場合でも返金保証があるので損はしません
 
美肌を求める女性に嬉しいスクワレン配合です。
わずか61円で健康維持ができるなんて嬉しいですね。

 

 

1袋(120粒入り)=最安1,666円〜

 

低価格で継続しやすいサプリ「鮫肝」の詳細はこちら

 

原料が有機栽培なので安心「やわたのおいしい青汁」

 


(国産)原料は有機栽培という高品質です
ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富です

 

野菜の力で血液をサラサラにできます。
本当に美味しいので続けてのむことができますよ。

 

 

1箱30袋入り(1ヶ月分)=4,100円
 
 

ドロドロ血液からサラサラ血液へ「やわたの青汁」の詳細はこちら

 

中性脂肪の正常値知っていますか?

〜中性脂肪の基準値〜

 

低中性脂肪血症       29mg/dl以下

 

正常             30〜149mg/dl以下

 

軽度高中性脂肪血症    150〜299mg/dl以下

 

中等度高中性脂肪血症 300〜749mg/dl以下

 

高度高中性脂肪血症   750mg/dl以上

 

血液検査で異常値と診断されたら、早期に中性脂肪のコントロールをすることが大切です。

脂質異常症におすすめ商品比較

 

 

 

商品名

きなり

イマークS

みやびの鮫肝

やわたの青汁

内容量

120粒
(約30日分)

100ml×10本
(10日分)

120粒
(約30日分)

4g×30袋
(約30日分)

 

成分

含有量

【1回あたり】
DHA:452mg
EPA:52mg

【1本あたり】
DHA:260mg
EPA:600mg

【1回あたり】
DHA:260mg
EPA:400mg
スクワレン:400mg

【1本あたり】
食物繊維:1.6g
β-カロテン:74μg
ビタミンB6:0.21mg

おすすめ

ポイント

魚臭さゼロで飲みやすい DHA/EPAが高濃度で効果が高い 継続しやすい価格

CMで知名度が高く

ビタミンも同時に摂れる

 

価格

 

初回のみ:1,980円

 

初回のみ:1,000円

 

初回のみ:1,666円

 

初回のみ:4,100円

 

 

1日あたり価格

 

約66円

 

約100円

 

約61円

 

約136.6円

 

特長

納豆キナーゼ配合
Wの効果で血液サラサラに!

特定保健用食品
中性脂肪の数値を下げたい方におすすめ!

スクワレン配合
美肌効果があるので
女性におすすめ!

8種類の野菜配合
栄養価が高い!

 
公式サイト
 

 

 

 

 

 

 

 

 

脂質異常症とは

脂質異常症とは、血中のコレステロールや中性脂肪などが増えすぎた状態を指します。
脂質代謝に異常をきたした状態であることから、脂質代謝異常とも呼ばれます。
血中にはこの2種の他にリン脂質、遊離脂肪酸という合わせて4種の脂質が溶け込んで流れています。
もともと血中にあるもので体の働きに必要なものなのですが、無駄に増えすぎる事が問題なのです。

 

増えすぎた脂質は血管の内側にどんどん蓄積されていき、動脈硬化を引き起こしてしまいます。

そしてこの動脈硬化が、心筋梗塞や脳梗塞といった重大な病気を引き起こしてしまうのです。

 

以前は『高脂血症』という名前で呼ばれていましたが、
コレステロールの中でも善玉と呼ばれるHDLコレステロールは
高いほうが良い状態である為、病名が変わっています。
脂質異常症症状はほとんど出ないため、
自覚症状が出たときはすでに進行している可能性が高くなります。

 

脂質代謝異常原因の多くは食生活にあり、肉類などに含まれる動物性脂肪や、
卵類に多く含まれるコレステロールを摂取しすぎて栄養バランスが崩れていたり、
単純に食事の量が多すぎ、食べ過ぎてカロリー過多になっていたり、などです。
飲みすぎや甘いものの摂りすぎ、また運動不足や肥満・喫煙・ストレス等も原因になってきます。
少数ながら、遺伝性のものもありますので特に近親者に脂質異常症の方がいる場合は、
早めの受診が必要でしょう。

 

脂質異常症の診断基準

脂質異常症にはコレステロールが多いタイプ中性脂肪が多いタイプに分かれます。
コレステロールでもLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が多すぎるタイプ
HDLコレステロール(善玉コレステロール)が低い場合とに分かれますので、
全部で3タイプある事になります。

 

脂質異常症診断基準は、高LDLコレステロール血症の場合は
そのLDLの値が140mg/dl以上

低HDLコレステロール血症の場合はそのHDLの値が40mg/dl未満であること。

 

脂質異常症原因中性脂肪である高トリグリセライド血症の場合トリグリセライド(中性脂肪)の値が150mg/dl以上である事、になります。

 

脂質異常症の怖い所は、本当に危なくなるまで自覚症状が出にくいということです。
血管の中に脂肪がどんどん溜まっていても、痛くも痒くも無いめ、
ピンと来ない人が多いのです。
そして、溜まった脂質が動脈硬化を引き起こしていても、これもまた自覚症状がでる訳ではないので検査でも受けない限りなかなか気付く事が出来ません。

 

気づくのは、この動脈硬化を起こした血管が詰まったりして起こる脳梗塞や
心筋梗塞を発症したしばらくあとに、という事もザラなのです。

 

脂質異常症にならないためには

脂質異常症の治療を行う上で基本になるのは、
生活習慣の改善です。

 

脂質の状態を正常にするのは勿論なのですが、
動脈硬化を進行させるのをとどめるのも大きな目的になります。
ですので、動脈硬化の原因になりうる「高血圧」や「肥満」などの状態も、改善していく必要があるのです。

 

主に食生活の改善、適正体重への到達、そして維持。
運動量の増加がライフワークになってくるでょう。
食事に関してはまず1日の総摂取エネルギー量を割り出し、過剰に摂取しすぎないようにする事
その中でも炭水化物や食物繊維やコレステロールなど、細かく摂取できる量、摂取したほうがいい量を考えて食事を改善していきます。

 

そして、運動
個人差はありますが有酸素運動を中心に1日30分以上を週三回以上行う事が基準になっています。
そして内臓脂肪を減らす為に、適正体重を目指し、継続を心がける事。
肥満度の数値(BMI値)でいくと22という数字が最も病気になる確率が低く、理想的な値とされています。

 

また、喫煙習慣がある場合は喫煙をやめた方が良いでしょう。
喫煙は動脈硬化のリスクを高め、呼吸器疾患などのリスクも負うからです。

 

 

食生活の注意点

脂質異常症を引き起こす要因として「食生活」が大きく関係しています。
脂質異常症と診断された人の食生活には、いくつかの共通点が見られます。

 

食べ過ぎ
慢性的なカロリー過多が一番の原因ですが、食べ過ぎてしまう要因には、
「大好きな料理が食べられる」「食欲をそそる」などの、
外的・心理的情報もからんでいます。

 

肉類・脂っこいものを好む
肉や魚などの高タンパク質の素材や、脂っこいものなどのカロリーが高いものを好む人は、コレステロール値が高くなりがちです。

 

早食い・ドカ食い
人が満腹感を得るには15〜20分かかります。
早食いやドカ食いをする人は、満腹になる頃にはすでに必要以上の量を摂りすぎています。
早食いを改めることで、食べすぎが防げます。

 

不規則な食事
不規則な食生活を続けると、安定してエネルギーが得られないため、
脂肪を体内にため込む原因になります。

 

お酒好き
アルコールのカロリーに加え、飲酒時のカロリーの摂り過ぎが主な原因になります。

 

間食が多い
ストレス解消のために、甘いものなどを間食してしまう方が多いですが、
精神的な要因で食べ過ぎてしまうと、満腹感を感じにくいので注意が必要です。

エネルギーの過剰摂取が招く影響

昔の日本の食生活は、日本人に合った栄養バランスのとれた内容でしたが、
近年食の欧米化により、栄養収支のバランスの悪さが大きな問題となっています。
実際に、食生活の変化により日本人の肥満や生活習慣病が増加しています。

 

好きなものばかりを食べるなど偏った食生活を続けていると、エネルギーの過剰摂取に繋がります。
食事から摂取した過剰エネルギーは、中性脂肪となり体内の脂肪組織に蓄えてしまいます。
その結果、血液中の中性脂肪やコレステロールも増加し、脂質異常症を引き起こしてしまいます。

 

しかし、エネルギーの過剰摂取による疾患は、脂質異常症だけではありません。
糖尿病や高血圧・脂肪肝などの生活習慣病を発病しやすくなります。
またこれらの疾患は動脈硬化を進行させ、より恐ろしい動脈硬化性疾患を引き起こすこととなります。

 

 

動脈硬化が招く病気

動脈硬化とは、動脈の壁が厚く硬くなったりすることで本来の構造が壊れ、
血液の流れが悪くなる症状を言います。

 

動脈硬化にも種類がありますが、
一番代表的なのが「アテローム性動脈硬化」といわれるものです。
粥腫(プラーク)と呼ばれるものが血管の壁に作られ、
動脈の内腔側に盛り上がってきます。

 

これが長い間に少しずつ隆起することで組織が増えて固くなり、血液を流れにくくしてしまいます。

 

動脈硬化が進行すると、血管が詰まりやすくなるため、
脳梗塞や脳出血を引き起こす可能性が高くなります。
脳梗塞と脳出血をまとめて「脳卒中」といい、卒中を起こした部位によって症状は異なり、
ろれつが回らない・手足の麻痺・半身のしびれ・意識障害などの、
重度の障害をかかえてしまうことになります。

 

他にも、動脈硬化によって冠動脈の動脈硬化が進んで血管の内腔が狭くなり血流量が減ると、
心臓は酸素不足になり「狭心症」を起こします。
さらに、冠動脈の一部の血流が血栓で完全に詰まった状態が「心筋梗塞」です。

 

心筋梗塞は死亡率も高く恐ろしい病気です。
狭心症・心筋梗塞を防ぐためには、その原因となっている動脈硬化を予防することが重要です。

コレステロールを下げる薬

体内でコレステロールが合成される時に必要な酵素を「HMG-CoA」といいます。
この酵素を抑えこむことで血液中のコレステロールを低下させることができます。
このような作用をする薬として、「HMG-CoA還元酵素阻害薬」があります。

 

HMG-CoA還元酵素阻害薬によってコレステロールを十分に下げることで、
粥腫(プラーク)が安定し血栓をできにくくする作用もあります。

 

腸からのコレステロールの吸収を抑える薬に「陰イオン交換樹脂薬」というものがあります。
腸管内において胆汁酸と結びついて、そのまま便とともに排出させるので、
食事などからの脂質の吸収を少なくすることができます。
血液中のLDLコレステロールが効率よく代謝されるようになり、血中LDLコレステロール値を下げます。

 

しかしながら、
これらのコレステロールを下げる薬には、「副作用」はつきものです。
コレステロールを下げるための薬には、腹痛や発疹・倦怠感・場合によっては、
横紋筋融解症や末梢神経障害・肝機能障害・血小板減少といった
重大な副作用が現れる可能性があるのです。

 

中性脂肪を下げる薬

肝臓での中性脂肪の合成を抑制する薬に「ニコチン酸薬」があります。
中性脂肪値を最大50%程度低下することができるほか、
HDLコレステロール値を下げる効果もあります。

 

また、中性脂肪値を下げる作用がある「フィブラート薬」があります。
リパーゼ酵素を高めることでVLCDの分解を促進し、中性脂肪とコレステロールを減らします。

 

しかし、やはりこれらの薬に心配なのは「副作用」です。
肝機能障害のほか、発熱・かゆみ・吐き気・倦怠感・食欲不振といった症状が出る人もいます。

 

これらの薬を服用すれば、中性脂肪値は確かに下がりますが、
中性脂肪を上げる原因が潜む生活習慣を改めないかぎり、
いずれは元に戻ってしまうでしょう。
また、薬を飲んでるから少しくらい食べても大丈夫...と、
コントロールを甘くしてしまうのも問題です。

 

薬への過信や依存は禁物です。
最初から薬を服用すると、薬への依存を生んでしまいかねないので、
まずは生活習慣を改善すること、副作用のないサプリメントを活用することをおすすめします。

魚の臭いが全くしない飲みやすいサプリメント「きなり」

 


魚臭がゼロなので魚が苦手な人でも飲めるサプリです
1日4粒で500mgのDHA/EPAを摂取できます

 

「やっぱり飲めない」となっても返金保証があるので大丈夫!
錠剤が苦手な人でものみやすい小粒タイプ
 
1袋(120粒入り)=最安1,980円〜

 

 

 

魚臭が苦手で飲めるか心配な方にもおすすめの「きなり」の詳細はこちら

 

 

高濃度DHA/EPA配合トクホで安心「イマークS」



中性脂肪値を短期間で下げたい人におすすめです
特定保健用食品(トクホ)という信頼のある商品です
 
1本でDHA260mg/EPA600mgが摂取できるドリンクタイプです。
少し高めの商品ですが人を対象にした試験で中性脂肪が20%低下しました。

 

お試し10本(100ml×10本)=1,000円

 

短期間で中性脂肪を下げたい方に「イマークS」の詳細はこちら

 

 

継続しやすい価格の「みやびの鮫肝」

 

継続しやすい価格でDHA/EPAが1日あたり660mg摂取できます
魚臭がきつくて飲めない場合でも返金保証があるので損はしません
 
美肌を求める女性に嬉しいスクワレン配合です。
わずか61円で健康維持ができるなんて嬉しいですね。

 

 

1袋(120粒入り)=最安1,666円〜

 

低価格で継続しやすいサプリ「鮫肝」の詳細はこちら

 

原料が有機栽培なので安心「やわたのおいしい青汁」

 


(国産)原料は有機栽培という高品質です
ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富です

 

野菜の力で血液をサラサラにできます。
本当に美味しいので続けてのむことができますよ。

 

 

1箱30袋入り(1ヶ月分)=4,100円
 
 

ドロドロ血液からサラサラ血液へ「やわたの青汁」の詳細はこちら